梅雨の「くせ毛、うねり、広がり対策」

ASILE

03-5950-9595

東京都豊島区池袋2-16-1 ゲストハウスヒラタ101

平日 12:00~22:00 日/祝日 10:00~20:00

lv

梅雨の「くせ毛、うねり、広がり対策」

Blog

2017/06/08 梅雨の「くせ毛、うねり、広がり対策」

アジールのホームページがいよいよリニューアルオープンしました!

引越し作業から山積みとなっていた作業がやっと落ち着いてきたので、ホームページの方にも手が回るようになりました。(笑)

 

そんなこんなで、第一回目のブログ更新です!

 

今回は梅雨の「くせ毛、うねり、広がり対策」の話でも軽くしたいと思います。

 

 

まずは自己紹介を・・・

今日はアジールのしゃくれたスタイリストこと坂牧がブログを書いております!(笑)

 

 

今現在、このブログを僕がリアルタイムで書いている6月7日。

関東も残念ながら梅雨に入り、お店の窓から景観できる池袋の街並みは、曇天の影響で重苦しい湿った景色になっています。

この暑い雲の中に手を入れて、遮二無二かき回したならば、滝のように雨水が流れ落ちてきそうです。

 

 

そんな天気が毎日のように続くだろう季節。

これから徐々に気温と湿度が上がり、不快指数が最高潮になっていくことでしょう・・・。

日々の生活を送る中で過ごしづらいのはもちろんのこと、髪の毛がうねってきたり、広がったり、セットしづらくなったり、逆にまとまりすぎてボリュームが出なかったりと厄介なことばかり起こってきます。

くせ毛には縮毛矯正、ボリュームが落ちてしまう方にはパーマなどの施術も対策の一つですが、

できるだけ気軽にどうにかしたいですよね?()

 

(メニューはこちら)

 

ですので、できるだけ日ごろからできるお手軽な対策を紹介したいと思います。

 

前置きばかりながくなってしまいましたが・・・

そんな梅雨をどうすれば、快適に過ごし、綺麗な髪形、ヘアセットを維持できるのか。

今回はざっくりと話していきたいと思います。

詳しくは後程、別の機会にまた更新いたします。

 

 

髪の毛がまとまらないメカニズム

 

ご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、髪の毛は三つのもので構成されています。

その中でも一番表面の毛皮質(キューティクル)が開いている状態だと髪の毛の中に水分が入り込みやすくなっています。

梅雨の湿気や雨で水分が髪の毛に入ると、せっかくドライヤーやアイロンでセットした髪の毛が元の状態に戻ってしまうのです。

さらには髪の毛が傷んでいる状態だとキューティクルがはがれていたり、髪の毛内部に穴凹ができていたりするので、なおの事、水分が入り込み、影響が出やすくなります。

 

 

日ごろからできる対策

 

先ほど述べた通り、キューティクルが開いている状態は水分を含みやすくなります。

このキューティクルが開きにくい状態を作ることが、少なからず対策になります。では具体的な対策例を・・・・

 

 

シャンプー時

 

・シャンプー、トリートメントはできるだけ「しっとりタイプ」を使うようにする

・トリートメントは付けた後、できるだけ長い時間(5分程度)放置する

 

しっとりタイプを使うことによって髪の毛の状態を落ち着かせることができます。

トリートメントの際、時間をかけて放置すると、トリートメント成分がしっかりと髪の毛内部に浸透していきます。

補修成分等が髪の毛に入ると、水分が入り、悪さをする隙間を少なくできるのです。

 

 

ブローの時

 

・オイル系のアウトバストリートメントを使う

・根元から毛先にかけて風を当てるように乾かす

・なるべくブラシをつかって乾かす

・熱風で乾かしたあとに冷風で髪の毛をクールダウンする

 

 

オイル系のアウトバストリートメントは髪の毛表面に膜を作ります。この膜があると、水分が髪の毛の中に入りづらいのです。

そして髪の毛の表面を覆っているキューティクルは根元から毛先にむかって重なり、鱗のように構成されています。その向きにしたがって乾かすと、開いていたキューティクルが閉じやすくなります。ブラシを使うとなお効果があります。そして、最後に冷風で乾かすことにより、さらにキューティクルが引き締まり、より水分に負けづらい髪の毛になるのです。

 

 

いかがでしたでしょうか。

ざっくりとした説明でしたが、ここまで述べたことは、日々の生活の中でも意識さえすれば実行できるものばかりだと思います。

もちろん、クセがもともと強い人などはなかなか実感できるものではないと思いますが、やってみる価値はあります。

梅雨に入ったばかりですが、自分にできる範囲で対策をして、この重苦しい季節を乗り越えていきましょう。

 

だいぶ長くなりましたが、以上です。

今度は紫外線の事でも書きたいと思います。

 

ではまたの機会に~

 

 

ASILE

電話番号 03-5950-9595
住所 〒171-0014 東京都 豊島区 池袋 2-16-1 ゲストハウスヒラタ101
営業時間 【平日 12:00~22:00 日/祝日 10:00~20:00
定休日 【毎週火曜日&第3水曜日】

TOP